本文へスキップ

株式会社ビッグハンズは砕石パイル工法を専門とする地盤改良の会社です。

TEL. 0748-23-4550

〒527-0044 滋賀県東近江市五智町339-6

地盤改良についてGround improvement

地盤サポートシステム

地盤改良イメージ

「地盤改良の種類」

地盤改良工事とは、建築予定地が軟弱地盤であった場合に、その地盤を補強強化し、将来的に建築物が受ける不同沈下等の損害を最小限に留めることを目的としています。

地盤調査により、該当建築予定地が軟弱地盤と判断された場合に、その地盤の持つ特性に応じた地盤改良工法をご提案し施工させていただきます。主な地盤改良工法をご紹介いたします。



従来型地盤改良工法のメリットとデメリット

鋼管杭工法イメージ

「鋼管杭工法」

地中に鋼管を打ち込むことによって杭を構築する方法で、騒音と振動が低く残土や泥酔の処理を必要としない特徴があります。

マイナスポイント:将来的に土地を売却する際に、何百万円もの杭の撤去費用がかかる可能性があります。


表層改良工法イメージ

「表層改良工法」

現有の土砂とセメント系固化材を攪拌し転圧する工法で、比較的浅い深度に地耐力のバラツキがある地盤や軟弱層がある地盤に効果のある工法です。

マイナスポイント:セメントと土が混ざることで化学反応を起こし、発がん性物質「六価クロム」を発生させる恐れがあります。


柱状改良工法イメージ

「柱状改良工法」

地中に柱状のセメント系固化材による杭を構築する工法で、騒音と振動が低く、残土が少ない特徴があります。中層改良に適しています。

マイナスポイント:セメントと土が混ざることで化学反応を起こし、発がん性物質「六価クロム」を発生させる恐れがあります。さらに、将来的に土地を売却する際に、何百万円もの杭の撤去費用がかかる可能性があります。


弊社が推奨する理想の工法


○○○○○○○○イメージ

「砕石パイル工法(HySPEED工法)」

天然砕石により杭を構築する最新の工法で、地震時の液状化現象に強く、有害物質等が発生しない。自然に優しく資産価値を下げない。必ずしも支持層を必要とせず様々な地盤に施工が可能。などの特徴があります。



バナースペース

株式会社ビッグハンズ

〒527-0044
滋賀県東近江市五智町339-6

TEL 0748-23-4550
FAX 0748-24-2480